FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【姉妹狂気】処刑施術

wz-kakutou3-1
【姉妹狂気】処刑施術(1)
薄暗い部屋の中。パイプベッドの上で、男は目を覚ました。
眠る前の記憶はとても不明瞭で、なぜ自分が此処にいるのかも理解できない。
パンツ以外何も身に着けてない自分の姿をまじまじと見つめる男。
彼は怪訝そうな顔をして、ゆっくりとベッドから起き上がる。
そして、部屋の角に佇む人影に気づく。
紫を基調としたワンピースに身を包む、長髪の幼い少女。
その赤い瞳が、じっと男を無言で見つめている。男も訳が分からないまま、少女を見つめ返す。
男の視線に気づいたのか、少女が静かに口を開く。
「……それでは、処刑を始めます。死ぬ準備はできましたか?」
一方的な処刑宣言。最後通告。男の理解を遥かに超えたその言葉に呆然とする男。
少しの間の後、男は我に返り、激昂して少女に詰め寄った。

男は真性のサディストであり、今まで何人もの幼い少女達を自らの欲望のままに暴行し、ときには犯した。
少女が自分に対し、罵倒とも取れるような言葉を投げつけたという事実は、彼にとって耐え難いものだった。
彼にとって「少女」とは、自らの玩具であり所有物。
彼が暴力的な手段で、まずは目の前の少女を支配下に置こうと考えるのは当然の帰結。
少女と男は距離を詰め、互いに数度言葉を交わす。
だが、男がいくら恫喝の言葉を発しても、少女はまるで動じない。
それどころか、少女は男を攻撃的な口調で攻め立てる。

頭に血を上らせた男は、ついに右拳を振り上げ、少女の頬を殴りつけようとする。
一発殴れば、すぐに大人しくなる。泣き叫んで慈悲を乞う。
そんな男の自分勝手な妄想は、即座に打ち砕かれる事となる。




wz-kakutou3-2
【姉妹狂気】処刑施術(2)
少女の頬へと一直線に向かう男の拳。
だが、それを少女は何の苦もなく、片手で受け止める。
驚愕する男の顔を、少女の赤い瞳が見つめる。
男は拳を引き抜こうとするが、まるで動かない。
まるで空中に縫い付けられた様に、男の拳は静止している。
それが少女の化け物じみた握力によるものだと理解するまで、男は相当の時間を要した。
「……もう一度聞きます」
必死な男の顔とは対照的に、少女は表情をまったく変えずにそっと呟く。
「破壊される覚悟は済みましたか?」
それは文字通りの意味だった。男の返答を待たずに、少女の左手が閉じる。
男の指の骨がその圧力に耐え切れず、乾いた音を立てて一斉に潰れていく。
男は声を上げるが、同時にある事実に気づく。
痛みが、無い。
指が曲がり、間接が砕け、骨が陥没している。
なのに、何も感じない。
絶句する男に、少女はゆっくりと説明する。
男には「処刑施術」が行われた事。
施術で埋め込まれたインプラントとナノマシンが、一定時間の間、彼の痛覚を極限まで鈍くさせていること。
通常ならショック死するような衝撃も、即座に失血死するような流血も、重要臓器の欠損でさえも短時間ならば延命が可能であること。
そして、その措置の全ては。
「あなたに極限の恐怖と苦難と、そして後悔を。死の寸前まで断続的に与え続ける為です」
それが目的。
それが現在、彼女にとって最も優先すべき行動。最優先願望。




wz-kakutou3-3
【姉妹狂気】処刑施術(3)
一気に首を跳ねるような真似はしない。
緩慢に、確実に相手の命を少量ずつ削り取る。
「……次、いきますよ」
少女が右足をふわりと浮かせる。男が息を呑んだ刹那。
「へし折りますッ!」
男の膝めがけて、少女の右足が高速で射出される。
男が回避する間もなく、少女の足は真正面から男の膝を直撃する。
凄まじい衝撃が男の膝の皿を砕き割り、膝間接を貫く。
有り得ない方向に、脚がへし曲がる。
無様に床へと崩れ落ちる男。
這いずりながら、脚が、脚がと床を転げまわって泣き叫ぶ。
変わり果てた左脚は、痛みは無くとも男に恐怖を与えるには充分すぎた。
その姿をまるで害虫でも見るような目つきで凝視する少女。




wz-kakutou3-4
【姉妹狂気】処刑施術(4)
少女の手が、男の首に伸びる。
「まだまだ続きますよ?」
もうやめてくれと哀願する男を無視して、少女は無慈悲に処刑の続行を宣言する。
少女は男に立ち上がるよう促す。
だが、男の左脚は折れ曲がり、とても立てる状態ではない。
それは無理だと必死に抗弁する男。
だが、少女の要求は変わらない。
ただ、「立ちなさい」と、同じ言葉を病的なまでに繰り返す。
そして、その言葉を5回繰り返した直後。
「立ちなさいッ!」
膝立ちになっていた男の股間を、少女は無慈悲に蹴り上げた。
彼の男としての象徴は無残に潰れ、破裂する。股関節が砕ける。
無痛だが脳髄まで突き抜けるような重い衝撃だけが、男の体を貫く。
もし彼の痛覚が正常ならば、確実に気絶している。もしくは、ショックで死んでいる。
まるでボールを蹴り上げたかかの如く、少女の右足の脚力により男の体が宙へと浮かぶ。




wz-kakutou3-5
【姉妹狂気】処刑施術(5)
上昇が止まり、男の体が重力に従って落下し始める。
だが、男が床に着地する前に、今度は少女の左脚が跳ね上がる。
「壊れなさいッ!」
強烈な回し蹴りが、男の脇腹にめり込む。
男の肋骨が少女の脚力を受け止めきれる筈が無い。
少女の脚の進行方向に存在する肋骨と胸骨を粉砕し、肺を衝撃で押し潰す。
体を真横へ「く」の字に曲げた滑稽な姿で、男の体は真横へ吹き飛び、壁へと叩きつけられる。




wz-kakutou3-6
【姉妹狂気】処刑施術(6)
「惨めな姿ですね」
少女が、壁際に張り付くように倒れ伏している男の姿を見下ろして呟く。

このままでは確実に殺される。
そう確信した男は泣きながら、必死に命乞いをする。
自分が過去、少女達に犯した罪は暴行や強姦どまりで、殺人は未経験だと。
よって、この国の法律によれば懲役を科せられることはあっても死刑は適用されないことを。
いますぐ自首するので、公平な裁判を受けさせて欲しい事を。
必死に、切に、哀願する。
だが、少女に男の声は届かない。
弱々しく抵抗する男の首を掴み、パイプベッドの上へと乗せる。
必死に手を伸ばして少女を制止する男。
だがその姿を見つめる少女の赤い瞳には、何の慈悲も無い。
ただただ狂気に濁った赤い眼光だけを、男に突き刺す。

既にずっと昔に、少女の心は歪み、狂っていた。
理想を追い求め、自らの正義を貫き通した結果、彼女は人としての道を外れた。
今の彼女は、悪と認定された人間を抹殺する、ただそれだけの存在。
殺戮こそが彼女の存在理由。


「では、そろそろ本気を出します」
少女がゆっくりと息を吸う。
体を捻る。
右拳を硬く握り締めて、力を溜める。
次の一撃が、今までとは比べ物にならない程の威力であることは容易に想像がつく。
「はあああああああああッ!」
少女は気合の声とともに、ベッドの上で縮こまる男へと突進する。




wz-kakutou3-a
【姉妹狂気】処刑施術(7)
少女が足を踏み出す。
体を捻る。
肩を回す。
腕を伸ばす。
拳を突き出す。
高速で繋がれた一連の動きが、少女の拳を驚異的に加速させる。
常人を遥かに超えた少女の筋力と瞬発力が、それに加わる。
少女の拳は鋼鉄の杭と化し、男の腹部に打ち込まれた。

男の皮膚を紙のように切り裂き、皮下脂肪をゼリーの如く撒き散らす。
男の腹筋を易々と切断し、小腸が爆ぜる。
背骨まで到達した拳は、脊椎を真っ二つに叩き割る。
背中を突き破り、背後の壁を粉砕してようやく。
少女の拳が停止する。




wz-kakutou3-8
【姉妹狂気】処刑施術(8)
男は恐怖に震えながら、自分の腹部に目線を落とす。
真っ赤に塗れた少女の細い腕が、肘まで埋没している。
必死に首を回して、自分の背中を覗く。
少女の小さな拳が、背中から生えている。
その映像を脳が認識した瞬間、彼の口が大きく開かれた。


「あああああああああああああああッ!」
「あああああああああああああッ!」
「あああああああああああああああああああああああああッ!」
男は絶叫する。声を枯らすほど、叫ぶ。叫び続ける。
それは痛みからでは無い。
少女の腕が、自分の腹部を貫通しているという事実。
今まさに、串刺しにされているという真実。
有り得ない。
ありえない。
アリエナイ。
その恐怖が、困惑が、彼の口から絶叫という形で放たれる。
気が狂いそうな状況に、脳が焼ける。
だが、脳内物質の異常分泌を感知した体内のインプラントは、無慈悲にも精神安定薬を投与し始める。
狂気に囚われた彼の魂を、強制的に正気へと引き戻す。
意識を失うことも、気が触れることも彼には許されない。

少女は、串刺しにした腕を、男の体ごと上方に掲げる。
そして、男の顔を見上げて、少女は問う。
次は、どこを壊されたいですか?と……。

【姉妹狂気】蹴殺遊戯

wz-kakutou2-1
【姉妹狂気】蹴殺遊戯(1)
夜空に、男達の絶叫と血飛沫が舞う。

赤い服を身に纏った、金髪の少女。
黒いニーソックスに包まれた、少女の細い脚。
だがその脚が打ち込まれる度に、強固なボディーアーマーに身を包んだ傭兵達が紙屑のように吹き飛んでいく。
少女の後方には、手足を折られ体を捻られて打ち捨てられた傭兵達の残骸。
更なる獲物を求めて、少女が歩を進める。




wz-kakutou2-3
【姉妹狂気】蹴殺遊戯(2)
傭兵の一人が銃を少女に向けようとする。
だが、その動作は少女にとって遅すぎる。
銃口が少女を捉える前に、少女は傭兵の懐に飛び込む。
反応する機会すら許されないまま、少女の細い脚が、毒針の如く傭兵の腹部へと突き刺さる。
少女の小さな体躯とはあまりに不釣合いな筋力と瞬発力。
その蹴りは傭兵のボディーアーマーを易々と打ち砕き、内臓を抉る。
マスクの隙間から血を噴出しながら、傭兵が真横に吹き飛ぶ。




wz-kakutou2-2
【姉妹狂気】蹴殺遊戯(3)
蹴りを放った直後、少女が真横に跳ぶ。
その刹那、少女が居た場所に、後方の傭兵から銃弾が打ち込まれる。
彼が、そこに少女が既に存在しないという事実を認識するのと同時に。
わずかに脚を曲げ、跳ねる。
空中で、小さな体を捻る。
くるりと回転する少女の体。
そして後方から前方へ円軌道を描いた左足、その踵が。
少女の背より遥かに上方にある、傭兵の頭に打ち込まれる。
その威力は彼のヘルメットと頭蓋を砕き、頚椎を破壊するのに充分過ぎた。
哀れな傭兵は首を真横に折り、体を半回転させて地面へと叩きつけられる。




wz-kakutou2-4
【姉妹狂気】蹴殺遊戯(4)
最後に一人残された傭兵が、少女に命乞いをする。
だが少女は残忍な笑みを浮かべつつ、彼の脚を蹴り砕き地面へと押し倒した。
少女はヘルメットの上に右足を乗せて、体重をかける。
少女の体重だけなら、彼のヘルメットはその圧力に耐え抜いたであろう。
だが、少女は自らの左足をヘルメットの下に滑り込ませた。
右足に体重をかけつつ、左足を力いっぱい持ち上げる。
ベキッ、バキッ!
少女の怪物的な脚力が、上下からヘルメットを挟み潰していく。
言葉通り、死に物狂いで暴れる傭兵。
だがそれは、決して報われない努力。
逃れられない死の運命に、滑稽に抗うその姿。
上方から彼を見下ろす少女の顔が、愉悦で歪む……。

【姉妹狂気】原初の少女

wz-origingirl1-1
【姉妹狂気】原初の少女(1)
それは、赤き瞳と異能の力を手に入れた最初の一人。
原初の少女の物語……。

時は20世紀初頭。
北欧の名家にて母親の命と引き換えに、この世界に生れ落ちた無垢なる命。
遺伝子の異常か、神の気紛れか。
真紅の瞳を宿した少女は、生まれながら人智を超えた力が与えられていた。
筋力は大人達を遥かに凌駕し、骨は鋼よりも硬く。
その心は、獣よりも獰猛で。
魂の底から湧き上る破壊衝動のままに行動する。
家具を破壊し、動物達を虐殺。
学校では同級生の腕の骨を折り、上級生の顔面を砕いた。
少女に気に入られなかった使用人達は、五体満足で屋敷を出る事は適わない。

「パパ、遊ぼ?」
少女は決して父親だけは傷つけない。
だが、その歪んだ愛は、父親に届かず。
少女の父親が自らの娘に抱く感情には、愛など一片すらも無く。
父親の心に在るのは。
圧倒的な力に対する、純粋な畏怖だけだった。




wz-origingirl1-2
【姉妹狂気】原初の少女(2)
ある日、屋敷に侵入した泥棒が使用人によって捕獲された。
うなだれて床に座り込む泥棒の元に、少女が近づく。
「悪い人は、クマさんがやっつけちゃうよ?」
少女は、手にした熊のぬいぐるみを握り締める。
「がおー♪」
可愛らしい声を発しながら、少女が腕を振るう。
ぬいぐるみを握り締めた少女の拳が、泥棒の顔面を抉る。
空いている手で泥棒の後頭部を押さえつけ、何度も拳を振るう。
「がおー♪がおー♪」
父親や周りの使用人達が少女を押さえようとするが、少女の腕力に抗えない。
何度も、何度も。
鮮血が飛び散り、少女の頬を濡らす。
泥棒の頭部は原型を留めないほど陥没し、手足は硬直している。
既に命の火が消えたその肉体を、少女は更に破壊する。嬲る。弄ぶ。
少女にとって、それは飽きた人形を壊すのと同じ行為。
やがて飽きたのか、少女が手を離す。
ごとり。
床に、数分前まで人間だった肉の塊が転がった。




wz-origingirl1-3
【姉妹狂気】原初の少女(3)
少女の破壊衝動は加速する。
その日、父親が部屋に入ると。
目の前には、血に染まった壁と使用人達の死体。
少女が父親に話しかける。
「壊れちゃった。新しいのちょうだい、パパ♪」
狂気に染まった瞳を輝かせ。
歪んだ口元には、悪魔の微笑みを携えて。
少女は新しい玩具を、父親にねだる。

そして父親は、決断する……。




wz-origingirl1-4
【姉妹狂気】原初の少女(4)
その日は少女の誕生日。
食堂にて行われる晩餐会。
少女がジュースを口にしてしばらく経った後、異変は起こる。
「え?」
少女の手から、グラスが滑り落ちる。
口から激しく血を吐き、少女は床へと転がった。
全身に走る激痛と虚脱感。立てない。力が入らない。
グラスに塗られていたのは、無味無臭、通称「貴族殺し」の致死毒。
「パパ……」
吐血し涙を流しながら、少女は父親を見上げる。
父親は、何も言葉をかけず。
ただ、静かな目で娘の死を見届けている。
「どうして……?」
全身を蝕む筋弛緩効果に耐えながら、声を絞り出す。
這いずりながら、父親の足元へと辿りつく。
人体を軽々と握り潰す少女の握力は、見る影もなく。
父親の足を掴むことすら適わずに。
少女の瞳から、光が消え去る。

事前に用意されていた棺へ、口元の血すら拭われないままの少女が寝かされる。
一束の花すらも添えられず、お気に入りの熊のぬいぐるみだけを傍らに。
父親の見送りすら無く、鎖で縛られた棺は湖の底へと沈んでいく。
少女は、ただの一度も父親の愛を受けることなく、暗い水の底へと眠りに着く……。




wz-origingirl1-5
【姉妹狂気】原初の少女(5)
半年後。
「今日からよろしく、お父様」
養子として引き取った少女が挨拶する。
実の娘とよく似た容姿。
違うのは、深く青いその瞳と。
犬や猫を可愛がり、草花を愛でる優しき心。
父親はこの新しき少女を溺愛し、ありったけの愛情を注ぐ。
実の娘には向けることの無かった、その感情を。




wz-origingirl1-6
【姉妹狂気】原初の少女(6)
更に半年後のある日。
少女が、父親を連れて廊下を駆けていく。
繋がれた小さな手が、父親を誘う。
父親はわずかに躊躇う。
何故なら、少女が向かうその場所は。
もう二度と踏み入れることの無いと思っていた部屋。
一年前から未使用の、食堂。

薄暗いその部屋で、手を繋いだまま少女が振り向く。

そのとき。
机の上に、ある筈の無いモノを、見つけた。




wz-origingirl1-7
wz-origingirl1-75
【姉妹狂気】原初の少女(7)
机の上に置かれた、薄汚れた熊のぬいぐるみ。
そして振り向いた少女の瞳は。
血のように。
赤く。
紅く。
「こんばんわ、パパ」
その声は、1年前と変わらずに……。




wz-origingirl1-8
【姉妹狂気】原初の少女(8)
父親が悲鳴を上げるより早く。
少女は、父親の手を肉片へと変える。
これから始まるは、父親の血と肉と恐怖で彩られた晩餐会。
少女の望みは。
腕の骨を砕き。
脚の腱を引き千切り。
鼻を潰し、耳を削ぎ落とし。
その他ヒトが体験可能な全ての苦痛を、親愛なる父親に。
狂気で濁った少女の魂は、その光景を想像し、歓喜に震える。

父親の哀願も、慟哭も、後悔も、命乞いすら。
きっと少女には。
もう、届かない……。


数日後、屋敷から多数の惨殺死体が発見された。
特筆すべきは使用人達とは違い原型を留めないほどに粉砕された、一体の屍。
その惨状は人々の間に様々な噂を作り出し、やがて記憶から消えていく。

唯一の生存者である養子の少女。
彼女は警察に保護された後に突如行方不明となり、真相は闇に閉ざされた……。

【姉妹狂気】踏み潰し

wz-humituke1-1.jpg
【姉妹狂気】踏み潰し(1)
夜の倉庫街にて。
少女が、圧倒的な力で男を叩きのめしていた。
腕を振るう。脚を上げる。その度に、男は紙屑のように吹き飛ばされる。
この男は何人もの命を無慈悲に奪った、凶悪な犯罪者だと伝え聞いている。
だから、"この男の命を刈り取る"という指令に対して、無垢な少女は何の疑問も抱かない。
「おにーさん、まだやるの?」
地面に倒れ伏した男の手を、少女が踏みつける。
「がっ・・・」
手の先には男の銃が転がっている。だがあと数センチの距離が、少女の足に阻まれ、届かない。
少女は悪戯っぽく笑い、ぐりぐりと男の手の甲を踏みつけていたが、急に足をどけた。
「いいもの、みーつけた!」
そう言って、少女は傍らに止めてあったフォークリフトに近づく。




wz-humituke1-2.jpg
【姉妹狂気】踏み潰し(2)
フォークリフトの車体下に腕を回す。
そして、一気に引き上げる。タイヤが地面を離れ、車体が宙に浮かぶ。
「……!」
男の顔が強張る。自分の目の前で、この幼く見える少女が、体一つでフォークリフトを抱え上げたのだ。
「この重さに、おにーさんの手は耐えれるかな?」
少女はそう言って、相当な重量があるその車体を、あろうことか持ち上げながらこちらに歩いてくる。
脚を踏み出すたび、ドン、ドンと地面が砕けそうなほど巨大な足音を響かせ、歩み寄る少女。
少女の超人的な力に愕然とする男の目の前で、少女は歩みを止め、男を見下ろした。




wz-humituke1-3.jpg
【姉妹狂気】踏み潰し(3)
少女が、片足を上げる。
「せーのっ」
その直後。
呆然としていた男の手の甲に、少女の右足が襲い掛かる。
フォークリフトの全重量を乗せて……。
「ぐしゃ♪」
ドゴンッ!
男の手が、破壊される。
衝撃で、地面がひび割れる。
骨は砕け、肉が飛び散る。真っ赤に染まった自らの手を押さえながら、男は地面を転がりながら悶絶する。




wz-humituke1-4.jpg
【姉妹狂気】踏み潰し(4)
地面を転がる男の顔に、少女は足を踏みつけて動きを封じる。
体重をかけていない為、男の顔面は無事だが、
「次は頭を踏み潰しちゃうよ~?」
それも長くは続かない。男の顔に、ゆっくりと圧力がかかり始める。
「た、助けて……」
男は恐怖で錯乱状態に陥っている。少女がただ単に、足に体重を乗せるだけで、自分の顔面は踏み潰されるのだ。
がちがちと歯を震わせる男。
「許してほしい?」
少女は問いかける。だが、その答えを男が発する前に。
「おにーさんみたいな悪い人は、許しちゃダメだよね~」
にっこりと、少女が笑う。
それが、男が見た最後の光景。
一片の慈悲も無く。
少女は自らの右足に、全体重を乗せた……。




wz-humituke1-5.jpg
【姉妹狂気】踏み潰し(5)
少女の右足は、男の頭部をあっさりと踏み抜いた。
ベキベキと骨が砕ける音。ミチミチと肉を引き裂く音。
足の裏から、骨と肉が圧潰していく感触を感じる。
男の体がびくびくと痙攣し、そして動かなくなる。
更に、足を動かし、ぐりぐりと踏みつける。
足を上げると、原形を留めない程に潰れた男の頭部。
それを見て、少女が呟く。
「バイバイ、おにーさん♪」
その言葉に、男は何も応えない……。

【姉妹狂気】歯医者ごっこ

wz-hakai1-1
【姉妹狂気】歯医者ごっこ(1)
暗いコンテナ倉庫の片隅にて、一人の罪人が"処刑"されようとしている。
男は連続殺人犯。これから行う事に、少女には何の躊躇もない。
「お口の検査の時間でーす」
幼い少女が、男の口に指を突っ込む。
男は咳き込み、少女の指を吐き出そうとするが、少女はそれを許さない。
男の抵抗など意にも介さず、男の口を開かせていく。




wz-hakai1-2
【姉妹狂気】歯医者ごっこ(2)
少女が、その圧倒的な腕力で男の口を上下に開いていく。
男は顎を閉じようと踏ん張るが、逆らえない。
腕を掴んで振り払おうとするが、少女の腕は外れない。
自分の意思とは無関係に、顎が開かれていく。間接が軋む。
男は涙目になって暴れるが、どうにもならない。
少女の目が、妖しく歪む。




wz-hakai1-3
【姉妹狂気】歯医者ごっこ(3)
「はい、あ~ん」
少女が声を発すると同時に、その両腕に更なる力が込められる。
少女の凄まじい怪力の前に、男の顎間接などひとたまりも無い。
顎が砕ける音とともに、哀れな男の口が間接の限界を超えて上下にこじ開けられる。
口が裂け、生暖かい飛沫が飛び散り、少女の頬にかかる。
なおも少女は力を緩めず、男の顔面をまるで紙のように引き裂いてく。




wz-hakai1-4
【姉妹狂気】歯医者ごっこ(4)
「くすくす、いい顔になったね」
男はもう、何も応えない。応えられない。
少女が髪を掴み、頭を引き上げる。
無残に引き裂かれたその顔を眺め、少女は笑う……。
プロフィール

ネムレス

Author:ネムレス
ネムレスです。
怪力少女が大好きですっ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。