FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未来都市】抱き潰し

wz-wrestling2-1.jpg
【未来都市】抱き潰し(1)
地下施設の薄暗い一室で、男の処刑が実行されようとしている。
処刑執行者であるイクサメの少女が、ゆっくりと男へと近づいてく。




wz-wrestling2-2.jpg
【未来都市】抱き潰し(2)
少女が、男の肩を掴む。
凄まじい怪力で、嫌がる男の体を強引に引き寄せる。
この細い少女の体の、どこにそんな力があるというのか。
困惑する男は、ふと気づく。
少女の体に、筋肉がうっすらと浮き出ていることに。




wz-wrestling2-3.jpg
【未来都市】抱き潰し(3)
少女が、男の両腕を掴み、体を抱え込む。
同時に、少女の体が、急速に逞しい筋肉で包まれていく。
腹筋は見事に割れ、二の腕は男よりも太く。
その体に見合う筋力を発揮し、少女は暴れる男の体を固定する。




wz-wrestling2-4.jpg
【未来都市】抱き潰し(4)
少女の腕が、男の背中に回される。
鉄板のように硬く引き締まった少女の腹筋が、男の腹部に密着する。
男の体が両腕ごと、少女の腕力で押し潰される。




wz-wrestling2-5.jpg
【未来都市】抱き潰し(5)
無慈悲な少女の暴力は、まだ終わらない。
少女が腕を曲げると、巨岩のような力こぶが二の腕に出現し、男の体をすり潰す。
背骨がへし曲げられ、腕の関節が有り得ない方向に向く。
凶悪な力を有した少女の筋肉が、非力な男の体を軽々と折り曲げていく。
男が抜け出すには、あまりに絶望的な筋力の差。




wz-wrestling2-6.jpg
【未来都市】抱き潰し(6)
胴体を捻じ曲げられ、潰された男の体。
少女はそれをゴミのよう地面に投げ捨てる。
そして、少女の腕が、次の処刑者の体に伸びる……。

【未来都市】耐久実験

wz-tubusu3-1
【未来都市】耐久実験(1)
イクサメ本部地下施設にて。
半裸の男の目前には、両手を手錠で繋がれているイクサメの少女。
「はあっ!」
男は怒声を上げ、少女にその太い腕を振るった。
男の拳が少女の顔面に打ち込まれる。
更に、蹴りが、頭突きが。少女を襲う。
だが少女は顔色一つ変えることなく、その全てを受け止めている。
どんなに必死に手足を振るっても、男は少女にかすり傷一つ負わせる事が出来ない。
「こ、このッ!」
男は両腕を少女の細い首に絡ませ、締め上げる。
渾身の力を込めて、少女を窒息させようと息巻く。
「……それで、全力なの?」
呆れたように、イクサメの少女は尋ねる。
少女の首は、まるで鉄柱のように硬く。男の握力では指を食い込ませることすら適わない。




wz-tubusu3-2
【未来都市】耐久実験(2)
「10分経過、耐久実験終了」
天井のスピーカーから、無機質なオペレータの声が二人に降り注ぐ。
攻め疲れたのか、男はぜえぜえと荒い息を吐き、その場に座り込んだ。
「……ねえ」
少女は冷たい目で、男を見下ろしている。
「次は私の番、だよね?」
と、少女が告げる。
「え?」
地面に突っ伏していた男が、顔を上げる。少女の無慈悲な視線が、男に突き刺さる。
「ちょ、ちょっと待てよ、あんたに殴られたら……」
少女が一歩、踏み出す。
「実験に協力すれば……逃がしてくれるって……」
男の言葉を無視し、少女は更に一歩、踏み出す。
「騙したな、畜生ッ!」
少女は無言で手錠に繋がれた両腕を突き出し、力を込める。
少女の体に内包された筋肉が、隆起する。
か細い少女の腕がみるみる太くなっていく。
その光景に唖然とする男の目の前で、少女は2重に嵌められた手錠を何なく引き千切った。
そして、尋ねる。
「あははっ、どうやって殺されたい?」




wz-tubusu3-3
【未来都市】耐久実験(3)
少女が男の右腕を掴み、捻り上げる。
男は逃れようと腕を引っ張るが、外れない。
信じられない。なんだこの力は。
「その太い腕は飾りなの?」
にやにやと笑う少女。
「おじさんの腕、筋繊維は私より無駄に太いかもしれないけどさあ」
少女が、更に腕を捻る。圧倒的な筋力差。
「私の鍛え抜いた筋肉のほうが、強さは何十倍も上なんだよ、わかった?」
男の抵抗など、何の役にも立たない。
ただ腕力のみで、男の腕を破壊する。
「もっと抵抗してみせてよ~、その自慢の肉体でね♪」
ベキィ、と鈍い音がして、男の右腕の間接が砕ける。




wz-tubusu3-4
【未来都市】耐久実験(4)
更に、捻る。
肩と肘の関節が破壊される。
靭帯が弾け飛ぶ。
筋繊維が断裂する。
皮膚が捻じ切られる。
男の哀願も、嗚咽も全て無視して。
少女は、その凄まじい腕力で男の右腕を肩から引き千切った。
びくびくと痙攣する腕に、頬ずりをして微笑む少女。
痛みと恐怖で泣き叫ぶ男。
少女は手にしていたソレを投げ捨てると。
今度は男の左腕に手を伸ばす……。



【未来都市】処刑施設

wz-wrestling1-1
【未来都市】処刑施設(1)
ここはイクサメ機関本部地下にある特設リング。
イクサメ達が"処刑施設"と呼ぶこの場所で、下着のみ着用を許された男が、とあるイクサメの少女と対峙していた。
男は少女に打ち勝てば、すべての罪を許され解放されると聞かされている。
だが、それはあまりにも儚い希望だ。
筋力増強モード開放中の少女は、ただでさえ超人的な筋力を更に増大させている。
男の力で立ち向かえる存在ではない。力の次元がまるで違う。
少女は、余裕の笑みを浮かべながら男をねじ伏せていく。




wz-wrestling1-2
【未来都市】処刑施設(2)
少女は手を離し、男に抱きつく。
強烈な抱擁が、男の腕と胴体を同時に圧迫する。
少女の胸の柔らかさを堪能する暇など無く。
男の肋骨が軋み、腕の間接が捻じ曲がる。
耐え難い痛みと苦しみで絶叫する男に、少女が優しく微笑む。




wz-wrestling1-4
【未来都市】処刑施設(3)
マットに座りこんだ少女は、男の脚に自らの脚を絡め、腕を取り後方に捻って持ち上げる。
"吊り天井固め"の格好で、男の体が宙に浮かぶ。
背骨が弓なりにしなり、肩の関節が逆に曲げられていく。
少女が本気で力を込めれば、男の体など一瞬で八つ裂きにされるだろう。
だが、少女は男に長く苦痛を与えるため、ゆっくりと時間をかけて、二人だけのショーを楽しむ。




wz-wrestling1-3
【未来都市】処刑施設(4)
いよいよクライマックか。
少女が、男の足を絡めとり、曲げ始める。
4の字に脚を組み、ゆっくりと脚を曲げていく。男の脚があり得ない方向に捻り曲げられていく。
足首を掴み、無造作に真横へ曲げる。バキィ、と乾いた音とともに、脚関節が潰れる。
腕を取り、曲げる。肩関節と肘関節が本来曲がらない方向に引き伸ばされ、靭帯と間接が壊される。
男の四肢が、少女の怪力により次々と無残に破壊されていく。




wz-wrestling1-5
【未来都市】処刑施設(5)
手脚を潰され、マットを這いずる哀れな男の首に、少女の逞しい腕が絡みつく。
脚を胴体に挟み、圧力を加えていく。
まるでヘビがカエルを捕食するように、少女が男の体を締め付けていく。
少女の筋肉が、男の体を圧迫していく。男の体を潰していく。
骨が折れ、内臓が歪み、吐血する。
もう男の力では絶対に逃げられない。抜け出せない。
自らの運命を悟った男の目から、涙が溢れる。
だが、少女はその涙を見て、力を緩めるばかりか。
嬉しそうに微笑むと、更に圧力を加え始めた……。

【未来都市】体ごと、潰してあげる

wz-tubusu2-1
【未来都市】体ごと、潰してあげる(1)
「逃がさないよ~♪」
イクサメである少女の今日の任務は、目前の男の"処分"。
男は、突然訪れた死の運命に懸命に抗う。
運転席の男はしきりにアクセルを踏むが、車は微動だにしない。




wz-tubusu2-2
【未来都市】体ごと、潰してあげる(2)
「おじさん、悪い人なんだよね?だから……」
少女は、車を抱えるように掴み、軽々と持ち上げる。
「うわあああッ!」
男が悲鳴をあげるが、少女は微笑を浮かべ、車体を抱きしめる。
「潰しちゃうね♪」
少女の小さな体には余る大きさだ。
だが。
少女が、力を込めたその途端。
その華奢な体に、逞しい筋肉が盛り上がる。
少女の腕力に屈した車体が、まるでダンボール箱のように潰れていく。




wz-tubusu2-3
【未来都市】体ごと、潰してあげる(3)
運転席の男ごと、車体が小さく折りたたまれていく。
「ご、ごぼぼッ……」
ひしゃげた車体から、上半身を突き出し吐血する男。
潰されていく。
自らの体が、少女の怪力で破壊されていく。
声が出せない。
男は必死に目線で、少女に哀願する。
――もうやめてくれ、このままでは死んでしまう……

だが、少女には届かない。
「もっともっと小さく折り畳んであげるね、アハハッ!」
少女の腕に、更に力が込められる……




【未来都市】潰してあげる

wz-hakai2-1
【未来都市】潰してあげる(1)
「どかーん!」
黒いボディースーツを身に纏ったイクサメの少女が、拳を戦車に振るう。
少女の肉体に詰め込まれた筋肉は、その腕と拳に凶悪な破壊力を与えていた。
鋼鉄の装甲も、少女の腕力をもってすればダンボール紙と同じ。
強烈な破壊音とともに、戦車の車体が吹き飛ぶ。




wz-hakai2-2
【未来都市】潰してあげる(2)
少女が手足を振るう度に、戦車が破壊されていく。
まるで玩具を弄ぶように、少女は戦車を蹂躙する。
車内から短く悲鳴が聞こえた気がしたが、搭乗員の安否など気にする筈も無く。
車体は歪み、凹み、へし曲げられ。
あっという間に、ただの鉄屑へと形を変えた。
破壊し尽くされた車体に乗っかり、少女は腕を曲げる。
その上腕部に、山のように盛り上がる力こぶ。
車体が完全に潰れる前に唯一逃げ出せた兵士に、自らの肉体を誇示する。




wz-hakai2-3
【未来都市】潰してあげる(3)
兵士は腰を抜かしている。動けない。
たとえ動けたとしても、勝てる訳が無い。逃げられる気がしない。
少女は、足元の戦車を軽々と持ち上げ、兵士の頭上に掲げる。
冷たい視線が、兵士を射抜く。口元には微笑。
「潰してあげる♪」
その刹那。少女の両手から、兵士の頭上めがけて巨大な鉄塊が振り下ろされた……。
プロフィール

ネムレス

Author:ネムレス
ネムレスです。
怪力少女が大好きですっ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。