FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未来都市】処刑ボクシング

wz-boxing2-1
【未来都市】処刑ボクシング(1)
廃棄された地下駐車場にて。
一人のイクサメにより、罪人達の処刑が今まさに執行されようとしていた。
少女の両手には、真っ赤なグローブが嵌められている。
目を引くのは、筋力増強モードにより強靭な筋肉で覆われた少女の肉体。
少女が右腕を曲げてみせると、その上腕部に大きな力こぶがもこりと浮き上がる。
「ほらほら、元プロボクサーなんでしょ?何びびってるの?」
少女が、目の前の男を挑発する。
男が突然、少女の顔に自慢の拳を叩きつける。
ガッ!
男の拳が、少女の頬を抉る。だが……。
「くす。何、ソレ?」
少女には、まるで効いていなかった。
男はがむしゃらに自らの拳を振るい、少女の顔と腹に拳撃を加え続ける。
両腕が疲労の限界に達し、拳を痛めて、男が諦めるそのときまで。
少女は、にやにやと笑いながら男の攻撃を受け止め続けた。




wz-boxing2-2
【未来都市】処刑ボクシング(2)
「もう、満足した?……じゃあ、次は私の番だよね?」
少女が、男に尋ねる。男は首を振り、よろよろと後ずさる。
「お腹、いくよ?ほらほら、ガードガード」
少女が、真っ赤なグローブを構える。男は少女の言葉に反応し、必死になって腹部を腕で庇う。
その動作を確認した後、少女は腕を曲げて振り上げる。
強化された少女の腕の筋肉は一瞬で収縮し、右拳を凄まじい速度で加速させる。
それは強烈なアッパーカットとなり、男の体めがけて叩き込まれる。
―非情にも、男の股間に……。




wz-boxing2-3
【未来都市】処刑ボクシング(3)
少女の右拳が、男の股下を直撃する。
ヘビー級ボクサーを遥かに超えるスピードとパワーを乗せた拳が、無慈悲に男の股間を粉砕する。
男の体が、宙に浮く。
そして、重力に従い落下するところを。
男の後頭部に、少女が振り下ろした左拳が打ち込まれる。
強靭な筋肉を備えた少女の豪腕が、男の頭蓋を易々と粉砕する。
男は後頭部を陥没させ、地面にべちゃりと叩きつけられた。
「おっと、手が滑っちゃった♪ごめんね~」
少女が、わざとらしく謝る。
男は車に轢かれたカエルのごとく、地面に貼りついている。
そして、二度と動かなくなった。




wz-boxing2-4
【未来都市】処刑ボクシング(4)
「たったの2発でもう終わり?」
少女が、脚で男の背中を踏みにじる。
男からは、何の反応も無い。
「脆いなあ……」
ガン!と最後に頭を踏み付ける。
そして、視線を後ろに向ける。
部屋の角には、恐怖に引きつった顔の男。
「次は、あなた?」
少女が両手のグローブを、ドン!と目の前で叩き合わせ、男へと歩いていく……。
プロフィール

ネムレス

Author:ネムレス
ネムレスです。
怪力少女が大好きですっ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。