FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未分類】虐殺メイド再び

wz-tubusu5-1
【未分類】虐殺メイド再び(1)
屋敷から必死に逃げ出した男は、屋敷の駐車スペースへ走り、リムジンに飛び乗った。
男は鼻息荒く、直ちにこの屋敷から出ろと前部座席で待機していたお抱えの運転手に命じる。
車のエンジンがかかり、屋敷外に通じる門へと急行する。
だが、既に門の前には、エプロンを血で染めたメイドの姿。
男は運転手を怒鳴り散らし、命が惜しければ気にせずそのまま進めと強く命じる。
ただ事ではない気配を悟ったのか、運転手は命じられるままにアクセルを踏み込んだ。
猛スピードで加速し、メイドに突進するリムジン。
メイドが、片腕を前方に差し出す。

ガガガッ!

強い衝撃。車体が大きく揺れ、止まった。
「お待ち下さい、お客様」
フロントガラスの向こう側にいるメイドが、リムジンの後部座席で呆然としている男に笑いかける。
彼女は、左手一本で。
リムジンの突進を軽々と受け止めていた。




wz-tubusu5-2
【未分類】虐殺メイド再び(2)
唖然とする車内の二人。
彼らに見せつける様に、メイドは両腕を空へと伸ばし、曲げ、力を込めた。
服に隠されていた鋼の肉体が、急激にその存在を誇示し始める。
膨張する筋肉が、服の袖を押し上げる。
先程まで細かったメイドの二の腕は、力こぶではち切れんほどに膨れ上がっている。
そして一気に腕を深く曲げる。
バチンッ!
両袖が弾け飛び、破れた服の内側から、逞しい筋肉に覆われた腕が顔を出す。




wz-tubusu5-3
【未分類】虐殺メイド再び(3)
メイドは拳を握り締め、リムジンのボンネットに打ち下ろした。
ドガンッ!
防弾仕様の強化素材で形成された車体が、紙箱のように易々と凹んだ。
「これでもう、逃げられませんね」
その衝撃はドアまでも歪ませ、男達の脱出経路を塞ぐ。
ガンッ!
ガンッ!
車の前部に、何度も強烈な拳が打ち込まれる。
車体が曲がり、前部座席にいた運転手がひしゃげた車体に挟み込まれる。
絶叫を上げる運転手を笑顔で見つめながら、メイドは車体前部を両腕で掴み、上方へ捻り曲げた。
ベキベキと車体が曲げ折られていく。
哀れな運転手の、胴体とともに。




wz-tubusu5-4
【未分類】虐殺メイド再び(4)
今度は車の後方に回り込み、壁方向へ向けて体重を乗せた蹴りを放つ。
車体後部が陥没し、数メートルほど壁に向かって滑り出して止まる。
ドゴンッ!
ドガッ!
ドガンッ!
それを繰り返す。メイドが脚を振り上げる度に車体後部が歪み、壁へと進んでいく。
やがて壁まで追いやられたリムジンを、更に蹴りつける。
車体前部、後部ともに潰され、中部座席に追いやられた男は、必死に逃げ出そうと懸命にもがく。
「周りから少しずつ、ゆっくりと潰してさしあげます」
メイドは男をすぐには殺さなかった。
緩慢に、確実に。男の脱出経路を潰していく。
メイドの蹴りが入る度に、衝撃で男の体が車内のあちこちに打ちつけられる。
その痛みに耐えてドアを開けようと、男は試行錯誤する。
だが、ドアは完全に歪んでいてとても男の力では動かせない。
だんだんと、車内の空間が狭まっていく。
やがて、メイドの蹴りが止まる。
男が途方に暮れている間に、リムジンは男が居るわずかな空間を除いて、完全に圧壊していた。




wz-tubusu5-5
【未分類】虐殺メイド再び(5)
メイドがリムジンを肩に担ぎ、両腕で持ち上げる。
そして、怪物的な腕力で車体を弓形に曲げていく。
「ではお客様、よい旅路を」
わずかに残された中部座席の空間が、潰されていく。
「……!」
男は叫ぼうとしたが、声が出せない。
自分の胸が潰されていく。
腕が、脚が。車体の隙間に挟まれ、捻れ、折られていく。
車体は完全に二つ折りになり、閉じ込められる。
出口は完全に閉ざされ、真っ暗な闇の中、車体が男の体を飲み込んでいく。
まるで男を埋葬する棺桶のように……。

【姉妹狂気】蹴殺遊戯

wz-kakutou2-1
【姉妹狂気】蹴殺遊戯(1)
夜空に、男達の絶叫と血飛沫が舞う。

赤い服を身に纏った、金髪の少女。
黒いニーソックスに包まれた、少女の細い脚。
だがその脚が打ち込まれる度に、強固なボディーアーマーに身を包んだ傭兵達が紙屑のように吹き飛んでいく。
少女の後方には、手足を折られ体を捻られて打ち捨てられた傭兵達の残骸。
更なる獲物を求めて、少女が歩を進める。




wz-kakutou2-3
【姉妹狂気】蹴殺遊戯(2)
傭兵の一人が銃を少女に向けようとする。
だが、その動作は少女にとって遅すぎる。
銃口が少女を捉える前に、少女は傭兵の懐に飛び込む。
反応する機会すら許されないまま、少女の細い脚が、毒針の如く傭兵の腹部へと突き刺さる。
少女の小さな体躯とはあまりに不釣合いな筋力と瞬発力。
その蹴りは傭兵のボディーアーマーを易々と打ち砕き、内臓を抉る。
マスクの隙間から血を噴出しながら、傭兵が真横に吹き飛ぶ。




wz-kakutou2-2
【姉妹狂気】蹴殺遊戯(3)
蹴りを放った直後、少女が真横に跳ぶ。
その刹那、少女が居た場所に、後方の傭兵から銃弾が打ち込まれる。
彼が、そこに少女が既に存在しないという事実を認識するのと同時に。
わずかに脚を曲げ、跳ねる。
空中で、小さな体を捻る。
くるりと回転する少女の体。
そして後方から前方へ円軌道を描いた左足、その踵が。
少女の背より遥かに上方にある、傭兵の頭に打ち込まれる。
その威力は彼のヘルメットと頭蓋を砕き、頚椎を破壊するのに充分過ぎた。
哀れな傭兵は首を真横に折り、体を半回転させて地面へと叩きつけられる。




wz-kakutou2-4
【姉妹狂気】蹴殺遊戯(4)
最後に一人残された傭兵が、少女に命乞いをする。
だが少女は残忍な笑みを浮かべつつ、彼の脚を蹴り砕き地面へと押し倒した。
少女はヘルメットの上に右足を乗せて、体重をかける。
少女の体重だけなら、彼のヘルメットはその圧力に耐え抜いたであろう。
だが、少女は自らの左足をヘルメットの下に滑り込ませた。
右足に体重をかけつつ、左足を力いっぱい持ち上げる。
ベキッ、バキッ!
少女の怪物的な脚力が、上下からヘルメットを挟み潰していく。
言葉通り、死に物狂いで暴れる傭兵。
だがそれは、決して報われない努力。
逃れられない死の運命に、滑稽に抗うその姿。
上方から彼を見下ろす少女の顔が、愉悦で歪む……。
プロフィール

ネムレス

Author:ネムレス
ネムレスです。
怪力少女が大好きですっ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。