FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未来都市】ボディーガード撃退

サラボディガード撃退1
【未来都市】ボディーガード撃退(1)
高層ビルの一室。少女が、目の前に立ちふさがる大男に話しかける。
「アンタに用は無いわ、私は後ろの社長さんに用があるの」
「社長は誰ともお会いになりません。お引取りを」
男の明確すぎる拒絶の意思表示。男はサングラスをかけている為、表情は読み取りづらい。
「秘書?いや、ボディーガードって感じよね……でっかい図体してるし」
少女は目の前の大男の全身を、値踏みするように視線で舐めまわす。
「お帰り下さい。あまりしつこいようですと実力行使でご退場願いますが?女性だからといって容赦はしませんので」
大男は、両手を胸の前で組み、ポキポキと指を鳴らす。
「へーえ、アンタさあ、<イクサメ>がどんだけ強いか知らないんだ?」
大男の言葉に臆することなく、脇を通り抜けようと少女は無防備に歩き出す。そこへ、大男の強烈なボディーブローが、少女の細い胴体に炸裂した。ゴン、と、鈍い音が響く。
「!」
驚愕の表情を挙げたのは大男のほうだった。
「ふふ、何それ?まるで効かないわよ?」
まるで分厚いゴムを殴ったような感覚。極限まで強化された少女の腹筋は、大男の拳などまるで通用しない。




サラボディガード撃退2
【未来都市】ボディーガード撃退(2)
「アンタんとこの社長には、本部から捕縛命令が出てるの。いい?社長さん。本部までご同行願います」
少女は、ボディーガードの後方で震える、もう一人の男に向かって呼びかけた。
「くっ!」
大男は、呑気に呼びかける少女の頭部を、側面から殴りつける。ガン!人体を殴ったとはとても思えない音が響き、大男の拳は、少女の側頭部に弾かれた。
「ぐわああっ!」
大男は自分の手を押さえ、床に膝から崩れ落ちる。なんだこの硬さは……まるで鉄の塊だ。
拳を押さえ、恐怖の表情を浮かべる大男に、少女は微笑み、告げた。
「拳ってのはね、こう使うのよっ!」
唸りを上げて、少女の鉄拳が大男の顔面に飛ぶ。避けられるはずも無い。その速度は、人間の反応速度を遥かに超えている。
少女の拳が男の頬に叩きつけられる。ぐしゃり。骨が砕け、肉が飛び散る。
大男は吐血しながら宙を舞い、派手な音を立てて背中から床に落下した。
「ふん、軽く撫でただけじゃない。でかい図体してるくせに軟弱ね」
床に這いつくばり、苦痛に悶えている大男を一瞥し、少女が鼻で笑う。




サラボディガード撃退3
【未来都市】ボディーガード撃退(3)
少女は、床に転がっている大男の首と足を掴み、一気に上方へと持ち上げ、肩に担いだ。そしてそのまま、大男の体を折り曲げていく。
大男「ぎゃあああああああ!」
背骨が折れそうな痛みに、大男はまるで子供のように泣きじゃくり、悲鳴をあげた。
「ふふ、見てなさいよ?こいつの体、折り畳んでやるから」
少女が、壁際で縮こまる、もう一人の男に向かって声をかける。
少女は凄まじい腕力で、さらに大男の体を折り曲げる。
大男は暴れるが、その体は少女の手で完全に固定され、逃げられない。
少女は、残酷にも力の強弱を加減している。少し曲げて、戻す。そしてまた曲げて、戻す。曲げるたびに、大男の顔は苦痛で歪み、口からは悲鳴がこぼれる。
「ふふっ、まるで玩具ね。アンタの命はアタシの思うがまま……たまらないわね、この優越感」
大男「あ、あがが……」
大男は口から泡を吐き、失神寸前だ。




サラボディガード撃退4
【未来都市】ボディーガード撃退(4)
しばらく残酷な遊戯を楽しんだ後、少女は一気に力を込め、大男の体を、文字通り折り畳んだ。
ベキベキと背骨が折れ、砕けていく。
物言わぬ肉の塊と化したそれを、少女は軽々と片手で持ち上げ、壁際の男へと差し出す。
「はい、終了」
少女は、残酷な笑顔を浮かべて。
「アンタもコイツと同じ目に、あわせてあげようか?」
ゆっくりと、歩み寄った。
プロフィール

ネムレス

Author:ネムレス
ネムレスです。
怪力少女が大好きですっ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。