FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未来都市】ウォーカーマシン

サラロボクラッシュ1
【未来都市】ウォーカーマシン(1)
「ふん、舐められたモノね」
少女が、鼻を鳴らす。目前には、2足歩行戦闘車<ウォーカーマシン>が2体。
「そんなもので、アタシをどうこうできると思われてるんだ?へーえ……」
少女は、静かな怒りを噛み締めている。
次の瞬間、ウォーカーマシンの機銃から放たれた弾幕が少女を歓迎する。
「!」
少女は凄まじい速度で地面を蹴り、疾走する。銃弾が、既に目標の消えた地面に穴を穿つ。




サラロボクラッシュ2
【未来都市】ウォーカーマシン(2)
「こんなモノ……」
少女は、ウォーカーマシンの脚に取り付き、
「こうよっ!」
そのまま、持ち上げた。小型とはいえ、凄まじい重量を有する筈のウォーカーマシンが、宙に浮く。
「ふんっ、アタシの力を舐めないでよね」
少女は、もう一体に向かって、持ち上げたソレを投げつけた。
ドガシャアン!
凄まじい金属音が鳴り響き、ウォーカーマシンはバランスを崩して転倒する。凄まじい衝撃によりメインシャフトが曲がり、オートバランサーも動作しない。2機は、あっさりと行動不能に陥った。
機銃が、空しくあらぬ方向に銃弾を散らすが、少女は冷静に近づき、回転しているガンポッドを次々と素手で掴み、引き千切った。
「もう、何も出来ないわね?」
くすり、と少女が笑う。




サラロボクラッシュ3
【未来都市】ウォーカーマシン(3)
少女が、頓挫しているウォーカーマシンに近づき、ハッチをこじ開ける。
中にいたパイロットの男を、腕力で強引に引きずり出す。
「アンタ、アタシを本気で怒らせたから。情報を聞き出せってコトだったんだけど、気が変わったわ」
ニヤリ、と少女が冷酷な笑みを浮かべる。
「アンタの頭ごと、もって帰るコトにするから。本部でアンタの脳から直接、ゆっくりと吸い出すことにするわ」
と、恐ろしいことを口にした。
「今のうちに、自分の身体をよく眺めておきなさい。もうしばらくしたら、強制的にお別れすることになるから。ふん、麻酔なんてしないわよ?そのまま思いっきり、力づくでねじ切ってあげる……」
少女が、男の頭を強引に掴み、回転させていく。




サラロボクラッシュ4
【未来都市】ウォーカーマシン(4)
男は涙を流しながら許しを乞い、必死に抗う。
だが、少女の腕力に抵抗できる筈も無く、ゆっくりと首を捻られていく。
首に強烈な痛みが走る。
……ゴキィン!
強烈な破壊音とともに、男の首があり得ない角度に曲げられる。
男の目が見開かれ、力なく腕が落ちる。
だが、少女はまだ力を緩めない。
本気で首を捻じ切ろうとする少女の腕に、更なる力が込められていく……。
プロフィール

ネムレス

Author:ネムレス
ネムレスです。
怪力少女が大好きですっ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。