FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未来都市】強制接吻

w2-kakutou3-1
【未来都市】強制接吻(1)
イクサメの少女に、二人の男が突進する。両脇から腰にしがみつき、少女を押し留めようとする。
だが、少女の歩みは止まらない。大の男二人を引きずりながら、前へと進んでいく。




w2-kakutou3-2
【未来都市】強制接吻(2)
少女が突然、両脇の男達の喉を掴む。そして、易々と片手で吊り上げた。
その小さな指が、男の首に食い込んでいく。少女の化け物じみた握力は、男達の喉を潰すのに充分すぎる。
男達は懸命に少女の手から逃れようとするが、喉を挟む少女の手がどうやっても剥がれない。
男達は恐怖と苦痛に、顔を歪ませる。
「お前も、こんな顔にしてやろうか?」
少女が、壁際に座り込み震える3人目の男に向かって話しかける。




w2-kakutou3-3
【未来都市】強制接吻(3)
少女は、両手で掴んでいる男達の頭を、胸の前で重ね合わせる。
男達の顔が、正面から衝突する。だが、それでは終わらない。
少女の腕力が、男達の顔面を圧迫していく。まるでプレス機にかけられたのと同じだ。
少女に比べて圧倒的に非力な男達には、そこから脱却する術などない。
ゆっくりと、顔面が変形していく。歯が折れ、鼻が曲がり、頬骨が砕ける。
少女は更に力を込めていく。左手を握り締め、片方の男の後頭部を抉る。
凄まじい圧力により、男の後頭部が陥没する。




w2-kakutou3-4
【未来都市】強制接吻(4)
ついさっきまで"頭だった"肉の塊を、無造作に掴み残された3人目の男に見せつける。
「お前とキスする相手がいなくなってしまったな……では、私がお前にキスしてやろう」
左手の肉塊を投げ捨て、少女が男に近づく。
「そうだな……お前の鼻をつまんで、思いっきり息を吹き込んでみよう」
男が、少女に両頬を挟むように掴まれる。
「風船のようにお前を破裂させてやる……くくく、面白そうだ」
少女の唇が、男の乾ききった唇に触れる。
少女の舌が、男の歯を強引にこじ開ける。
少女の目が、すうっと細くなる。
もう、逃げられない……。
プロフィール

ネムレス

Author:ネムレス
ネムレスです。
怪力少女が大好きですっ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。