FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【姉妹狂気】拳骨

殴り1
【姉妹狂気】拳骨(1)
「ここにいたんですか、探しましたよ?」
1人の少女が、ドアを開け部屋の中へと入っていく。
部屋の中でうずくまっていた男が、ひぃ、と小さく叫び声を上げ、床を後ずさる。
「残ったのはあなただけです。そろそろ覚悟を決めたらどうですか?」
信じられない。
この小さな女の子が、部下達を一瞬で掃討し、そして今、自分を追い詰めている。
ゆっくりと、少女が男へと近づいた。




殴り2
【姉妹狂気】拳骨(2)
「ゆ、許してくれ、金なら幾らでも出す……」
男は、少女の足元に膝をつき、哀願する。
男の言葉に、少女の眉がぴくりと跳ね上がる。
「許してくれ?ですって?」
少女はくい、と男の顎を指でつまみ、その眼をじっと見つめる。
「……あなたがいままで奪い、殺し、犯してきた人達も、そうやって助けを求めたのでしょう?」
少女の指に、力がこもる。
「あなたは、その言葉に耳を傾けたことがあるんですか?」
みし、と男の顎が鳴る。たった2本の指が、猛烈な圧力をもって男の顎を圧迫する。
「自分が今までしてきたことを棚に上げて、自分だけは助かろうとするんですか?」
男の顔が、恐怖と苦痛で歪む。
「大変お気の毒ですが、あなたの願いは却下させて頂きます」
次の瞬間、少女の右拳が唸りを上げて男の顎へと放たれる。




殴り3
【姉妹狂気】拳骨(3)
「壊れなさいっ!」
鉄球と化した少女の拳が、男の顎を下から抉る。
人智を超えた強烈なスピードとパワーで放たれたそれは、まさに凶器。
凄まじい音を立てて、男の顎の骨は完全に破壊され、歯が吹き飛ぶ。
男は血を吐きながら、その場にがくりと崩れ落ちる。




殴り4
【姉妹狂気】拳骨(4)
「手加減してますから、かろうじて意識はあるようですね?まだまだこれからですよ?」
少女は、足元に転がり呻いている、無様な男を見下ろしている。
「私の拳で、あなたの全身の骨を粉々に砕いてあげます。これは、あなたが今までしてきたことの報いです」
少女が、胸の前で両拳を合わせる。
あの拳で、全身を殴られ続けたら……
男は泣き叫んで命乞いをするが、少女はただ、冷たい目をして男を見下ろすだけ。
そして、再びその拳が、男の体に向けて無慈悲に振り下ろされる……。
プロフィール

ネムレス

Author:ネムレス
ネムレスです。
怪力少女が大好きですっ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。